LINKS
Google
Pubmed
Kanazawa Univ.
Institute for Frontier Science Initiative(InFiniti) 新学術創成研究機構 革新的統合バイオ研究コア
Cell-bionomics unit
Bio-AFM center

 

What's new: 新着情報

2016-09-10

Publication/Achievement is updated.

羽澤さんの論文 Oncogene が受理されました。

 

2016-05-06

Publication/Achievement is updated.

Wong の招待レビュー Cell Chem. Biol. 受理されました。

 

WELCOME TO OUR LABORATORY

  We study RNA and protein transport through Nuclear Pore Complex (NPC) (also termed nucleoporins or nups). Many developmental defects and tumors are directly associated with alterations in nucleo-cytoplasmic transport, and my lab is interested in understanding how the NPC mediates transport and in gaining a better understanding of the molecular mechanisms of these defects. Our lab found that several NPC proteins interacts with the kinetochores, spindles and centrosomes during mitosis. In addition, we are investigating the roles of NPC proteins at the centrosomes and/or cilia. Besides, we are also elucidating the mechanism of disassembly and re-assembly of this nano-pore from ~30 Nups proteins.

 

哺乳動物細胞ではすべての遺伝的情報は核内に存在しているが、その遺伝情報は核膜という脂質二重膜構造上に開いている核膜孔を通って細胞質に運ばれ、これをもとに細胞・生体機能が維持される。また、転写因子等のタンパク質もこの核膜孔を通じて核内外に移行される。このように核内外の物質輸送の制御に関わる核膜孔は生物学的にみても極めて重要であることから、この核膜孔を構成している約30種類の核膜孔複合体タンパク質に焦点を当てて複雑な生物学的機構を解明することが目的である。 特に、基本的な生命現象に必須でありダイナミックな形態変化を伴う細胞分裂、細胞周期に注目した。私達は、蛋白輸送に関与する核膜孔複合体(NPCと略)のnucleoporin群の集合と脱集合の分子機序の解明を主とした目標としている。

 

 

  • 2016年7月  ホームページ一部更新しました.